家飲み 日本酒 天の戸 純米大吟醸

家飲みでは、お店で飲んだ日本酒や酒蔵や酒店で買った全国の美味しい地酒を厳選して紹介します。

今回は秋田県の浅舞酒造が醸す『天の戸 純米大吟醸』について紹介します。

この日本酒は「日本酒ドラマチック」のコラムで浅舞酒造の故森谷康一の記事を読み、ネットで購入しました。

目次

浅舞酒造

日本酒ドラマチック」という本は2016年に出版されており、日本酒ブームの中のモダンでスタイリッシュな酒を醸す「次世代の造り手」たちのインタビューを中心に綴られています。

日本酒の知識があまりない中、造り手の人となりやお酒造りへの想いを知るとついつい買ってみたくなります。

一つ一つの酒蔵の物語をじっくりと読んでいて、最近浅舞酒造の森谷康市杜氏のコメ作りへのこだわりや、地域の農家をまきこんだ取り組みを知った次第です。

森谷杜氏は2019年7月30日に永眠されたようですが、その想いは連綿と続いている様子は、浅舞酒造のサイトにある「半径5キロ以内の地元の米だけで醸す」に語らえれいます。

以下は森谷杜氏の思いや考え方を少しでも多くの方へお伝えしたいと地元の「ここから~」の記事の抜粋です。

中学時代の同級生で後の浅舞酒造の社長となる柿崎秀衛氏(故人)に誘われ、1981年から天の戸の蔵で働き始めた。

1990年に杜氏となり、その後2011年からは「蔵から半径5キロ内の米で、全量純米酒仕込み」と宣言。

「雪で閉ざされるこの地域では、漬物などの不自由だからこそ生まれる食文化がある。

あえて半径5キロと決めた不自由さの中で工夫して造るからいいのだと思う」と。

しかも、秋田県産米だけを使い続け、全国新酒鑑評会での連続金賞受賞や、IWCでの秋田酒こまち使用の純米大吟醸の最高賞トロフィー賞受賞など、その功績は関係者のみならず多くの日本酒ファンの知るところです。

その一方で、水源を訪ね田んぼを巡り、稲の花見をしながらその酒米で造った酒を飲むという、浅舞のテロワールを体感できる企画を組んだりしました。 

ここから~」 記事抜粋

森谷杜氏は地域を巻き込んでいく発信力もあり、自らも「夏田冬蔵―新米杜氏の酒造り日記」など著書も出版されていました。

天の戸 純米大吟醸

吟の精の特徴である「後味すっきり」のキレがあります。

天の戸は、2011年全量を純米酒で仕込む「純米蔵」になりました。 横手盆地の真ん中、蔵から5キロ以内の酒米と水で、全ての酒を造っています。

吟の精

秋田県では1988年から始まった酒造好適米開発事業において、県酒造組合と協力し、酒造好適米のオリジナル品種「秋田酒こまち」を育成したほか、この間に「美郷錦」「秋の精」「吟の精」の3品種も育成しました。

【吟の精】心白が目立たないことが特徴の大粒の酒米。麹米として優れ、キレのある清酒が期待できます。

naname kikaku 抜粋

お手頃価格で購入できる大吟醸45は常温で飲んで後味がスッキリで旨味が広がるお酒です。

房島屋 純米吟醸 無濾過生原酒
名称 天の戸 純米大吟醸 45
商品説明       純米大吟醸を身近に感じていただきたい。そんなコンセプトで仕込みました。「吟の精」の45%精米。飲みごたえとキレの両立。                                          
容量1800ml
原材料吟の精
精米付合精米歩合 45%
アルコール度16.3%
お召し上がり方  冷 常温
房島屋 純米吟醸 生酒 無濾過生原酒 サイト

時代が流れインターネットで多くの情報を手に入れれる様になりました。

美味しい日本酒を飲んで楽しい時間を過ごすのであれば、作りての物語も一緒に味わう様になりました。

浅舞酒造株式会社  住所 秋田県横手市平鹿町浅舞字浅舞388番地
酒 銘天の戸
ホームページ浅舞酒造サイト
創業年大正6年(1917年)
C

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次