読書 習慣化のお勧め読書法 

「本を読みたいのに読む時間がない」「帰宅してからの時間を有意義にするために読書をしたい」などと思っていても、実際にはなかなか読書を始められない方も多いと思います。

このお勧め本紹介ブログでは、本の楽しさや読みやすい本等を紹介しています。

本を読む習慣を付けたいと思いながらも、なかなか習慣化出来ない方に読書を極めた方のコラム等を紹介します。

読書習慣ブログ

本紹介 人生得する本読み習慣

読書 お勧め 習慣化のコツ

忙しくても再現度の高い読書を習慣化するための方法3つ!

目次

【読書猿】思考がみなぎる「ディープな読書」の技法

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Blogging-Tips-LinkedIn-Post-Header-2_png-500x286.jpg

昼間はいち組織人として働きながら、朝夕の通勤時間と土日を利用して独学に励んでいる孤高の賢人「読書猿」のコラムがNEWSPICSに掲載されていましたので一部紹介します。

読書猿さんは人気ブログ「読書猿 Classic: between/beyond readers」の主宰者です。

ビジネス書の『アイデア大全』『問題解決大全』(共にフォレスト出版)の著者でもあり、最新本『独学大全』(ダイヤモンド社)が、話題になっています。

この本のカバーには「あまり賢くなく、すぐに飽きるしあきらめてしまう人たちのために書かれた」とあり、正に読書が習慣化できない方にお勧めの本です。

なぜ「読めない」のか、敗因を研究

読書猿さんは、もともと、勉強や読書のモチベーションは全然なかったようです。

勉強は嫌いで、継続できずなっかたしょうですが、苦手科目の克服が趣味なことからこだわれたことができたようです。

本を読むこと自体、とても苦手であったにもかかわらず読めるようにはなりたいなと思っていたことから色々試されたようです。

失敗のパターンをつかんで、いろいろな工夫につなげたことの経験談で今回の本を出されたそうです。

スラスラ読めるのはいいことではない

読書猿さんは、 本を読むということは、一方通行の行為ではなく、自分が持っている知識をすべて差し出して、本に書いてある内容とぶつけ合う、双方向の行為と述べています。

過去の自分の知っていることが背景にあり、理解が深まります。

本が読めないとか、読んだことをすぐ忘れてしまうという人は、読書を「本に書いてある内容を自分の頭の中に流し込むこと」だと思っているから失敗するというふうに考えているようです。

「受け取る」量を最大化する方法

読書をして本から受け取る量を最大化する方法の一つとして、「注釈しながら読む」ことを勧めていま

テキストを読み、気になるところに線を引き、線を引いた箇所について考え、コメントを残すことは、あらゆる思考術に共通する基盤と伝えています。

地道な行動を続けることでテキストに書いてあることがいくらかは頭に残るようになると考えています。

『独学大全』の著書の中では、「レーニンノート」という技法がビジュアル的にイメージしやすいと紹介されています。

詳しくは、『独学大全』を読まれることをおすすめしますが、レーニンのエピソードとノートの使用方法が記されています。

亡命中のレーニンは、自分の書斎や書物を所有することができず、亡命先の図書館で読書ノートをつくました。

思考をアーカイブしていく方法としてノートの中には、まさに「自分の頭の中」と「テキスト」がぶつかり合っている様子がビジュアルとして残していく方法です。

レーニンはノートの中で様々なテキストに論争を挑み、自身の思考を鍛え上げていったのです。

NEWS PICS記事 抜粋

book-image

本に期待し過ぎず「1%の学び」を大切にする読書術

年間700冊以上の本を読む「毎日書評」連載でおなじみの作家、書評家の印南敦史さんは、読書から得る学びについて、読書へのハードルを下げる取り組み方を紹介しています。

読書に過度な期待をしない

印南さんの読書のスタイルは「学ぶために読もう」と思っていないことです。

学ぶために読もうと思うと、そこでひとつ壁ができてしまいます。

いつでも読書ごころを駆り立ててくれるのは、子どもの頃に感じたワクワク感や好奇心と同じものだそうです。

この本を読むことによる学びより、「どんなことが書いてあるんだろう? 」「どこが自分に刺さるんだろう?」 という興味が先だそうです。

本へ期待せず、読んでみて、何かを見つけられたり、得られたりしたら、めっけもんぐらいがちょうどいいようです。

何かを得ようと思って読むほど、実は読書が辛くなってしまう。自分で読書のハードルを上げてるようなもです。

1冊の本から、重要なものを見極めるテクニックを以下のように紹介しています。

1.序文:その本を読むかどうか判断する

どんな本でも、序文に著者が言いたいことが凝縮されているので、まずそこを読み、この本を読むか読まないかの判断をします。

2.目次:自分に必要なところを見極める

次に目次。目次を見れば、自分に必要なところがどこかわかる。その本のすべてが必要なわけではないと見極めることができます。

序文と目次を飛ばし読み進める人もいますが、本屋や図書館で本を借りる場合などはお勧めの方法です。

3.不要な部分は飛ばして読む

たとえば冒頭によくある著者の個人的なエピソードや小話、そこが過剰だったり、共感できなかったりするとつまづいてしまうことも多いんです。

その部分を全部飛ばして先を読んでみたら、知りたかった本題がわかりやすく説明されていることもあります。

ビジネス書や自己啓発書などは、章単位であれば、どこから読んでも飛ばしても読みやすいようにつくられていることが多いので、興味のある章から読んでみる勇気も必要です。

4.頭に残った「1%のエッセンス」を大切にする

そうやって読むことで、自ずと必要な部分は頭に残ってきます。もちろん全く頭に入ってこない本もたまにはあるので、少しでも印象に残ればもうけものと思うよいうにこころがけましょう。

ライフハッカー記事抜粋

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次